オンライン講座の詳細を見てみよう

私が日々意識している『私のポリシー六か条』をご紹介します

読み終える目安:約 3 分

私が日々意識している

『私のポリシー』をご紹介します。

私のポリシー六か条

一条 楽しく分かりやすく

国内大手証券会社出身の税理士であり、株式投資では年間取引総額が1億円を超える年もあり、そして株式投資歴15年以上の私が、超初心者の方でもわかりやすい『自分の人生の主導権を握るための考え方/実践方法』についてお話しします。
専門用語はほとんど使いません。やむを得ず使う場合は、わかりやすい説明を加えます。
『時間』『場所』『こころ』『お金』の自由を、そして『選択』の自由を私と一緒に獲得しましょう。

二条 対話を重視します

受講生の方と一緒に問題や不安を共有し共感し、情報を整理し解決策を見つけていくためには、出来る限り対面にて時間をかけてお話をお聴きする必要があります。直接お会いできれば一番良いのですが、時間や場所、そして移動の制約もあります。できる限り全国(全世界)にわたる受講生の方たちとお会いしたい。そこで活躍するのがインターネットを利用したテレビ会議システム「Zoom」です。このシステムをフル活用し、受講生の方のお顔を拝見しながら、受講生の方の小さな変化、進歩を見逃さずにとらえて言葉にして伝えたい。時間や場所、移動といった制約から解放されますので、タイのバンコクからの受講生もいらっしゃいます。

三条 木も森も観察します

「木を見て森を見ず」という言葉がありますが、目先のことに捕らわれて全体を見失うことのたとえに使われています。
「一斑(いっぱん)を見て全豹(ぜんぴょう)を卜(ぼく)す」という言葉がありますが、物事の一部を見て全体を推し量るという意味で使われます。
木も森も両方を見ることが大切なのですが、ただ見るのではなく「観察(物事の真の姿を間違いなく理解しようとよく見ること)」が大切です。
私たちは経験則のなかで物事を判断していますが、それが新たなチャレンジや未経験な世界であれば、自分の経験則は通用しないかもしれません。
物事の見え方は「立ち位置」が変われば変わってきます。このような視点を持ち続けることを常に意識しています。

四条 夢中は努力を凌駕する

何事でも「好きなことであれば」夢中になれます。夢中になっていると「努力を努力と感じない」のです。
夢中になれることがあれば、それを大事に育てていきましょう。夢中こそ最強の才能であると私は思います。「好きなことを仕事にできると思うな」ではなく、「好きでもないことを仕事にして成功できると思うな」なのです。好きなことで100人に一人になれることが2つあれば、それは10,000人に一人の完全オリジナルな強みへと成長していくことでしょう。

五条 継ぎ足しの美学

これまでの経験や実績に新しい出会いから新しい要素が継ぎ足され、オリジナルに磨きがかかります。
誰にもマネできない、マネされない、そんな個性が光る!これはこれで結構面白いと思います。人生1回の中でいろんな方と出会い影響を受けて、いろいろ経験をするのは価値があります。
一つの価値観にこだわってとらわれないで欲しいと考えています。

六条 努力を一点に集中する

貧しい人というのは、ものをもっていない人ではなく、たくさん必要とする人のことである(ペーター・ロゼッガー)。物に限らず、こころの豊かさについても同じことが言えると思います。あれもやりたい、これもやりたい、でも時間がないし、お金もないし、いつかやろう・・・そんなに選択肢があるなんて幸せじゃないですか。でも何一つ成し遂げられていないなんてもったいない。何事も本気でするから大抵のことはできるし、何事も面白いし、誰かが応援してくれるのです。