オンライン講座の詳細を見てみよう

株式投資術!1年で一番株で儲けやすい時期をお教えしましょう!

読み終える目安:約 2 分

税理士がっきー

サクっとまとめます
  • 5月下旬に仕込んで6月、7月に上がる傾向があります
  • 11月下旬に仕込んで12月、1月に上がる傾向があります

5月下旬、11月下旬に仕込む理由とは?

  • 3月決算法人の本決算、中間決算発表の直後だから!

決算発表で株価の値動きは激しくなります。

株主優待が欲しい!

配当金が欲しい!

決算発表がサプライズな予感がする!

いろんな思惑が「織り込み済み」の株価形成がされています。

「織り込み済み」とは
株価に影響を与えるニュース等(=材料)について、その発表前に内容がある程度予想され、すでに株価に反映されている状態

その期待が現実になるのか!

はたまた裏切られるのか?

そういう時期が5月中旬、11月中旬なのです。

だから、市場が落ち着く5月下旬や11月下旬はトレンドの見極めもしやすく買いやすいのです。

その後なぜ値上がりしやすいのか?

  • 外資系のヘッジファンドがお休みに入るから!

金融トレーダーたちが「バカンス」に行くのです♪

だから、システムトレードのアルゴリズムが消えて「余計な邪魔が入らない」わけです。

つまり「株価が上がりやすい時期」になります。

では本当にそうなっているのか?

直近1年間の日経平均株価の動きを見てみましょう。

こんなことでも知っているのと知らないのとでは大違いなのです!

確かにバカンスの時期は閑散相場になります。

日本でもお盆の1週間は明らかに出来高が少ないですからね!

  • 日本のお盆休みは株価が下がる傾向が強いです!

市場に資金が入ってこないからです。

こういう市場全体のトレンド(季節変動要因)も知っておくと有利に働きますよ!