オンライン講座の詳細を見てみよう

小さな農と天職によるレボリューション!半農半Xという生き方

読み終える目安:約 2 分

税理士がっきー

サクっとまとめます
  • やりたい仕事も農ある暮らしも満喫!
  • なんて贅沢なことなのでしょう!
  • なんて幸せな響きなのでしょう!
  • 好きなことしかやりたくない!

幸せと安心しかない

最近、「半農半Xという生き方」という本を読みました。

作者の塩見直紀さんは

福知山公立大学にて准教授をされています。

安全な食材をいただき

食料自給率もアップ

仕事のストレスも減り

作物を育てる喜びを得る。

なんて贅沢なことなのでしょう!

やりたい仕事もこなし

農ある暮らしも満喫する。

なんて幸せな響きなのでしょう!

自分が作った大豆で味噌を仕込む。

そんな味噌汁を毎日飲めるなんて

幸せと安心しかありません。

お豆腐や納豆も作ってみたい。

「半農半X」の「X」?

この「半農半X」は

「小さな農と天職」によるレボリューション

を実現しようというコンセプトです。

「X」とは

天職

使命

ミッション

ライフワーク

域外

役割

などを表します。

私は近い将来「半農半X」な暮らしがしたいと考えています。

私にとっての「X」?

田舎暮らしや麓暮らしを想定した

ビジネスモデルの構築を開始しています。

その一つが株式投資であり

セミナー講師です。

私の場合

半農半セミナー講師

半農半株式投資家

半農半税理士…etc

「X」の部分が複数存在しています。

厳密には魚釣りもやりたいので、

「農」が

「無農薬畑+魚釣り」となり

「X」が

「セミナー講師×株式投資家×税理士」

となります。

この「X」の部分を

「好きを仕事に」できて

社会のお役に立てることが出来たなら

申し分ない人生が送れると思います。