募集中!”お金の知恵”や”株式投資”の講座

株式投資術!何事も継続することが大切!習慣化への道のり6ステップ

読み終える目安:約 4 分

税理士がっきー

サクっとまとめます
  • STEP.1 知らない
  • STEP.2 知っている
  • STEP.3 やっている
  • STEP.4 わかる
  • STEP.5 できる
  • STEP.6 できている

私もそうですが、分かってはいるけど、なかなか出来ないのです。

学校のテストや仕事でも「わかってる」つもりでいたけど、いざやろうとしたら「できない」なんてことありますよね。

今回はどうしたら「できている」状態にできるのかを、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

どうしたら「できている」状態にできるのか?

何でもそうですが、何かをはじめよう、覚えよう、習おう、勉強しようと思ったら、「知らない」という状態からスタートします。

STEP.1
知らない
知らないので書籍で調べたりインターネットで調べたり、とにかくインプットに時間とお金をかける段階です。
そして、ある程度のインプットを終えると「知っている」という状態になります。
STEP.2
知っている
この段階ではある程度のインプットを終えていますが、アウトプットは全くできていません。
そこで、実際にやってみる、人に話してみる、問題を解いてみる、演奏してみるなどの行動(アウトプット)が重要になります。
ここを超えることができないまま、本日に迎えている方も多いと思います。
この行動(アウトプット)が最初の大きな壁ですが、ここを乗り越えて「やっている」という状態になります。
STEP.3
やっている
実際に行動してみることで知識の定着が図れます。
アウトプットすることで反復的に学習していることになります。
また、アウトプットのおかげで出来ないことに気付くという成長のキッカケも得られます。
この「気付き」がただの暗記から「理解を伴う知識」、つまり「わかる」へ導いてくれます。
STEP.4
わかる
「知っている」と「わかる」の大きな違いは理解を伴っているかどうかです。
ただ単に「知識として知っている」「暗記している」とは全く違う世界です。
この段階まで来るとOKな気がしてくるのですが、まだ早いです!
「わかってるけど出来ない」には超えなければならない「技術の壁」が存在しています。
理解を伴って分かっているのだけれど、それを使う手段や道具、その方法を習得しないといけません。
自分メディアとしての情報発信手段であるSNSやワードプレスの使い方、パソコンソフトの操作方法などいろいろあります。
STEP.5
できる
ついに最後の壁です。
それは「継続すること」です。
できるようになったら、継続し続けること。
これが何事も身につける最大のコツです。
この継続は習慣化されるとストレスなく楽しめている状態になります。
STEP.6
できている
この「できている」という状況を目指しましょう!
たとえて言うなら「歯磨き感覚」です!

株式投資に当てはめてみると

STEP.1
知らない
株式投資に興味を持ち始めた段階
STEP.2
知っている
株の情報誌やブログ、SNSで知識をインプットした状態
STEP.3
やっている
とにかく1銘柄買ってみる!
これが出来なくて先に進めない方多発中!
STEP.4
わかる
自分の知識と異なる動きをする株価に翻弄されながらも、いろんな気付きが得られ、株式投資家として急激に成長できる段階。
座学から一歩先の実践から学ぶことの大切さを知ることが大事。
STEP.5
できる
買った銘柄が自分の思惑と違う結果をもたらしたら、その原因を追究して自分なりの投資スタイルを築く段階。
テクニカル指標やファンダメンタルズ分析なども取り入れ、比較的安全に資産を増やしていける段階。
STEP.6
できている
日々の習慣化です。歯を磨くのと同じ感覚で株式投資と向き合っている状態です。
例えば
毎朝モーニングサテライトを観てから通勤。
通勤電車で前日のニューヨーク市場の状況と本日の東京市場の株価見通しをチェック。
お昼休みや移動時間にザラ場状況の確認。
帰りの電車で本日の終値をチェック。

とにかく、毎日1時間は株と向き合う習慣が出来れば、勝ち組投資家への入り口に立てたと思ってよいと思います。

本日は、株式投資術!何事も継続することが大切!習慣化への道のり6ステップというお話でした。