オンライン講座の詳細を見てみよう

株式投資術!配当金を受け取る4つの方法とは?

読み終える目安:約 2 分

税理士がっきー

サクっとまとめます
  • オススメは「株式比例配分方式」
  • 理由① 再投資に回しやすい
  • 理由② 手続きが1回だけでよい

証券口座を開いたし、株も購入した。

配当金ってどうやってもらうんだろう?

郵便局や銀行で直接受け取る「配当金領収証方式」

現金で受け取ります!
配当金の額が決まると、配当金を受け取るために必要な「配当金領収書」が株式の発行会社(名義書換金融機関)から直接ご自宅へ送られてきます。
必要事項に記入捺印し、これを持って銀行または郵便局へ行くと、配当金を受け取ることができます。

銘柄ごとに指定の金融機関に振り込んでもらう「個別銘柄指定方式」

銀行口座に入金してもらいます!
保有している銘柄ごとに、配当金を受け取る銀行口座を指定します。
指定した金融機関のご自身の銀行口座に配当金が振り込まれます。
要するに「A銘柄はA銀行口座、B銘柄はB銀行口座」という感じに、銘柄ごとに金融機関を選べます。

証券口座で受け取る「株式比例配分方式」

証券口座に入金してもらいます!
同じ銘柄を複数の証券会社で保有していた場合、それぞれの証券会社の株式保有残高に応じて配当金が入金されます。
なお、登録している証券会社のどこか1社でこの方式を選ぶと、ほかの証券会社の口座に入っている銘柄にもすべてこれが適用されることになります。

銀行口座で受け取る「登録配当金受領口座方式」

銀行口座に入金してもらいます!
複数の証券会社に証券口座があった場合、指定した1つの銀行口座へすべての株式の配当金が振り込まれる方法です。
「株式比例配分方式」と同様で、登録している証券会社のどこか1社でこの方式を選ぶと、ほかの証券会社の証券口座に入っているすべての配当金も、この登録した銀行口座に振り込まれることになります。

本日は、株式投資術!配当金を受け取る4つの方法とは?というお話でした。